2017年11月01日

オーダーメイドイントロ選手権・11 結果報告

14名のみなさんのご参加をいただき白熱した戦いを繰り広げいただき、懇親会まで含めて大盛況のもと大会を終了することができました。本当にありがとうございました。

また来年以降も10月末~11月上旬にかけて浜松で定期開催していきたいと考えていますので、次回以降もご参加お待ちしています。

【最終結果】
オーダーメイドイントロ選手権・11
 -逃げるは恥だが役に立つ-
 主催:オーダーメイドイントロ選手権 実行委員会
 開催日:2017年10月28日(土)
 場所:Uホール(浜松市勤労会館) 24会議室
 参加人数:14人
 Winning Answer: 『OH MY JULIET!』(藤井隆)

<本選成績>
 優勝 池戸 万作  645点 (7〇2×)(同志社クイズラバーズOB会)
 2位 田端     628点 (7〇0×)(KIP)
 3位 杉田 汐   555点 (7〇0×)(愛知大学クイズ愛好会)
 4位 志津 圭一朗 540点 (7〇1×)(関西イントロの会・SDQC)
 5位 山本 成   519点 (6〇5×)(おんたま)
 6位 コータ    508点 (6〇4×)(-)
 7位 藤田祐也   289点 (4〇3×)(Mutius)
 8位 小鍋 祐輔  242点 (4〇4×)(答)
 9位 近藤 公俊  146点 (2〇2×)(なごやイントロの会)
10位 吉村 悠希   53点 (0〇2×)(なごやイントロの会)

<予選1位>
 池戸 万作 86点

<各ラウンドNo1獲得者>
 1R 藤田祐也
 2R 池戸万作
 3R 田端
 4R 山本 成
 5R 吉村 悠希
 6R 小鍋 祐輔
posted by Nori at 14:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

オーダーメイドイントロ選手権・11 開催&エントリー募集について

2017年のオーダーメイドイントロ選手権
開催日が決まりました。

大会名: オーダーメイドイントロ選手権・11
     -逃げるは恥だが役に立つ-
主催 :オーダーメイドイントロ選手権 実行委員会
日時 :2017年10月28日(土)
     10:30~17:00頃(開場:9時30分)
場所 :Uホール(浜松市勤労会館)24会議室
     静岡県浜松市中区城北1丁目8−1
     http://www.workn.or.jp/u_hall/access.html
   ※ 遠鉄バス和合・西山線(16番乗り場)より約10分
   ※ 車で来場の方は無料駐車場がありますが満車の
    おそれがありますのでお早めの来場をおススメします
募集人数:20名以内
参加費 :一般1000円、
     大学生:500円、高校生以下:300円
問題難度:易~やや難しい(一般的によく知られている曲を多めに出題)
特徴  :出題はラントロでのの出題となります。
     全6ラウンド中4ラウンド参加いただく予定です。
     ・翌日に、なごやイントロの会の例会を行います。
募集方法 : 一心精進、本舗初音堂・関西イントロの会の掲示板での掲載となります。

【懇親会】      
大会終了後に浜松駅周辺で懇親会を予定しています。
会費は5000円とします(学生は1000円引き。会費が余った場合には返金します。)
場所は昨年と同様に「義理と人情・笑顔満開大衆居酒屋「ほりかわ」」で行います。
https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22001760/

浜松市中区田町330-1 マビーセブン 2F
最寄りバス停:田町中央通り(浜松駅からスキップで7分)
http://map.yahoo.co.jp/maps?p=%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%8C%BA%E7%94%B0%E7%94%BA330-1%20%E3%83%9E%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%20%EF%BC%92%EF%BC%A6&lat=34.70689021&lon=137.73152299&ei=utf-8&v=2&sc=3&datum=wgs&gov=22131052000
電話:053-453-5870

エントリー期間は
8月27日(日)~10月22日(日) 23:59
までとし以下の項目を記入し、
下記のフォームからエントリーください
https://ws.formzu.net/fgen/S72186240/
まで送付ください。
(Eメールにて ktintro@yahoo.co.jp(@は半角)でも可能です)

【エントリーの際記入すること】
①エントリー名(ふりがな)・・・・・・・【必須】
②連絡先メールアドレス ・・・・・・【必須】
③居住地(○○県まで。東京と神奈川は市区まで)
                  ・・・【任意】
④所属サークル(所属している場合) ・・・【任意】
⑤年齢・西暦での生まれた年 ・・【必須】
⑥懇親会の参加の可否 ・・・【必須】
⑦なごやイントロの会への参加の有無・・・【必須】
⑧除外希望アーティスト ・・・【任意】
⑨意気込み・お問い合わせ 等 ・・・【任意】

以上よろしくお願いします!
posted by Nori at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

オーダー11・大会前最後の更新です。

気が付けばオーダーメイドイントロ選手権・11の開催まであと2日のなりました。

今大会は14名の方にエントリーいただきまありがとうございます。みなさんの「力」が出せる大会になるよう、最後のルール調整を行っています。

このオーダーメイドイントロ選手権で求めている力は「音楽系クイズの力」いわゆるラントロ力はもちろんですが、「問題の題意を読む力」「展開を読む力」そして「度胸」「忍耐力」最後は「運」の総合力。

知の総合力を求める音楽クイズイベントを目指していますので、ぜひとも知力の限りを尽くして1つでも上の順位、1問でも多くの正解を目指して楽しんでいってください。

最後のブログの更新となりますが、いくつか注意点です。

【持ち物について】
・筆記用具と視力矯正具(メガネ・コンタクト)を持参ください。
 プロジェクタの得点表示の文字が読めないと相当不利になります。
・また、台風の近接情報もありますので、雨具などもご持参ください。

【ルールに不安な方は早めにご来場を】
・ルールに不安な方は早めに来場いただき、ルールのレジュメを読んだり、プレ企画参加者、主催者にルールの確認をするようにしましょう。
・またルールについては、ブログにアップしてきたルールをベースに子細なルールをいろいろ変更、追加していますのでご了承ください。

・例えば、ルール変更の1つに静岡チャレンジ枠があります。ブログでは「予選7位通過」ではなく「最終予選に大アドバンテージを持って参加」に変えました。このようなマイナーチェンジがたくさんありますので、当日は早めに会場に入ってレジュメを確認ください。また、除外アーティストの発表のタイミングも大きく変更になっていますので当日確認ください。

【スピードアップ&運営のご協力をお願いします】
・本大会は時間の進行に不安があるため、時間内に大会が終わらせられるよう全体的なスピードアップのご協力をお願いします。
・また、専任スタッフについては体調に不安があるため早退するかもしれません。イントロサークル参加者を中心に、準備・運営のご協力をお願いすることがあるかと思いますのでよろしくお願いします。

【本戦の形式と入賞ライン】
・本戦の形式が「脱落サバイバルあり7〇7×クイズ」になりました。タイトルを見るだけで荒れそうな名前ですが、どうなるのでしょうか?

また、入賞(ブログでの結果報告&一心精進 結果掲載のライン)を6位としようと思います。優勝が難しいかな、という方は最初から4~6位を狙うと案外そのラインは狙えるかもしれません・・・が参加する以上はみんな優勝を狙うのでしょうか・・・?そこは主催者としても当日のお楽しみです。

【優勝賞品について】
・今大会は、浜松で中小企業の海外輸出を支援されているエイグローブ株式会社様から特別協賛をいただき、インドネシアへ輸出or逆輸入品のみなさんになじみのある商品、定価約30万円分の商品を提供いただきました。優勝者の方にさすがにすべては差し上げられないので「商品をつかみどり」でお持ち帰りいただこうと思いますので、優勝目指して頑張ってください。もちろん、毎年恒例の優勝メダルと優勝トロフィーも用意しております。

【最後に】
・みなさんが参加して楽しめる、見て楽しめる大会になるよう準備してきました。28日の朝、みなさまと浜松でお会いできることを楽しみにしています。
posted by Nori at 23:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

アーティストレビュー(4)ノンセクション・2

・「高校野球応援曲/高校野球強豪校校歌」
高校野球強豪校の定義ですが、「過去に甲子園で優勝経験がある」「10年以内に甲子園に1回以上出場している」としています。音源は甲子園の校歌音源もあるので聞き取りにくい部分がありますが、頑張って当てましょう。

・家族
家族は大事ですよね。大切にしましょう。

・歴代WA
ここはノーヒントでいきましょう

・カノン進行(オルゴール)
出題中、眠くならないように注意しましょう。

・ありがとう
「ありがとう」は魔法の言葉です。困ったらニコニコしながら「ありがとう」というといいことがあるかもしれません。

・社歌
曲名、会社名のどちらで答えてもOK。株式会社・グループなども解答には必要ありません。会社名は比較的有名な会社から出題されていると思います。

・CMソング
曲名、会社名・商品名のどれで答えていただいても構いません。なお、他のジャンルのCMソングも同様ですが、J-POPであったり明確な題意があるものについては、「別の答え方」を要求することがあります。

・タイトルor歌手名 2017
タイトルと歌手名の区別がつきにくい「スピッツ」or「ロビンソン」的な曲が4曲出題されます。しかも2017年限定ですので新曲を得意とする方におススメです。

・「浜松出身歌手」「五感」「24時間TVチャリティーマラソン」「おみそしる」
そのままです。

・大学校歌
曲名、もしくは、大学名で答えてください。附属高校の校歌を兼ねている場合もありそうですが、全部は調べ切れていないので、ぜひ大学名で答えて下さい(切実)

以上となりますが、ノンセクラウンドは、問題の出題箇所によっては4スルーを覚悟している問題もいくつかありますので、スルーになりやすそうなものを考えておくといいかもしれません。
posted by Nori at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

アーティストレビュー(3)ノンセクション

アーティストレビューのラストは(3)ノンセクションです。

・「八大タイトル」は将棋の8大タイトル戦を題材に出題されます。藤井四段の活躍や若手のタイトルホルダーの出現などの話題に事欠かない将棋界ですが、どんな問題が出題されるのでしょうか?
・「家入・レオ」ですが、「・」は何を意味しているのでしょうか?謎です。
・「長嶋茂雄とB-ingの仲間たち」ですが、出題されれば11回大会中、10回目の出題となる曲がありそうです。今年は誰が答えるのでしょうか?
・「MUTEKI」ですが、高校生と女性も参加される大会ですので、当日の出題に関する解説はほどほどにするよう注意したいと思います。
・「TK Presents(3軍)」ですが、90年代のディープな曲が好きな方ぜひ拾ってください。
・「USAフォー・アフリカ」は20世紀洋楽好きにおススメかもしれません。
・「倖田來未のカラオケ仲間」は、???何なんでしょうか?

(続く)
posted by Nori at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

オーダーメイドイントロ選手権11 エントリーリスト(10/21)

8/27よりオーダーメイドイントロ選手権11のエントリーを開始しました。
エントリーは以下からお願いします。
https://ws.formzu.net/fgen/S72186240/
たくさんのご参加をお待ちしています。

※10/21日現在のエントリー 14名(☆は静岡・三河チャレンジ枠対象者)
1.SS様(愛知県豊橋市)☆
2.TK様(埼玉県)
3.MK様(静岡県浜松市)☆
4.KY様(静岡県浜松市)☆
5.T様(大阪府堺市)
6.SK様(静岡県静岡市)
7.KK様(愛知県愛知郡)
8.S様(東京都江戸川区)
9.K様(静岡県浜松市)☆
10.YY様(愛知県名古屋市)
11.I様(東京都小平市)
12.TM様(静岡県浜松市)
13.FY様(京都府京都市)
14.YN様(東京都港区)

1)アーティスト投票について
今年のエントリーは、「除外希望アーティスト投票」を行うことになっています。(アーティストについて関西イントロの会でのプレ企画を見て再調整いたしました。9/8までのエントリー分につきましては、「除外希望アーティスト投票」については空欄もしくは「後日」と記入ください。)

9/9以前にエントリーいただいた方については、後日、投票開始のご案内をメールにて行わせていただきました。

2)なごやイントロの会の例会について
なごやイントロの会の例会ですが大会の翌日行うことになりました。募集人数について会場の都合により8人程度です。時間は例年よりより短縮バージョンで15時には終わろうと思いますのでよろしくお願いします。(早く終わる分、終了後に少し浜松を観光しましょう)

3)静岡県の参加者限定ラウンドについて
静岡県の参加者限定ラウンドについて関西イントロの会でのプレ企画で大幅に時間をオーバーしてしまう不手際を起こしてしまいました。本大会で大幅な時間の超過はできませんので時間の都合上ラウンドを1つ減らす措置として中止となりました。

なお、静岡限定ラウンドが中止になりましたが、若干の静岡県内の方の優遇を考え本戦出場者の7枠目は「静岡・三河チャレンジ枠」として本戦進出枠を1枠を用意します。静岡・三河からの参加者で音楽系オープン大会での決勝進出相当の経験のない方の範囲内で最上位を目指して頑張ってください!
posted by Nori at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

注目アーティストレビュー(2)

注目アーティストレビュー(2)アニソン・大御所です。

アニソンについては、J-POPのイントロクイズの大会ですので、純然なアニソンの曲はあまりでないでしょう。深めの対策はあまりしない方がいいかと思います。逆に、アニソンに使われている曲が有名アーティストのマイナー曲の場合には、代表曲に置き換えて出題されることが少なからずあります。また、イメージにないような意外な有名楽曲が挿入歌として使用されている場合には、その曲も出題されています。「これってアニソンだっけ?」という先入観なくぜひ踏み込んでいくことが重要だと思います。

大御所については、一番事前対策がしやすいと思います。国民栄誉賞歌手の代表曲を知っておくことは、今後イントロに限らずクイズを嗜む方には糧になるかと思いますので、ぜひとも勉強してみて下さい。ただし、直球で原曲が出るとは限りませんのでご注意をください。このラウンドは懐メロの比重が高いですが、新しい曲も出ないわけではありません。若い子も新曲を3問くらい取って、ディクテーションで2問拾う、あとはマイアーティストに委ねて勝負という戦略も十分可能かと思います。
posted by Nori at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

注目アーティストレビュー(1)

本大会の注目アーティストをレビューしていきたいと思います。

第1回目は男声・女声アーティストについて。
傾向としては1人アーティスト(に限らず)ですが、提供曲が多いかどうかが判断のポイントになります。選曲のルールによって、提供楽曲が多い場合には提供曲が素直に出されることも多いですが、提供曲が少ない場合にはカバー曲が数多く出題されるに違いありません。

また、同じ楽曲についてもアレンジ違いの場合には、2回・3回以上しつこく出題されますので一度出題された曲でも勇気を持ってどんどん踏み込んで同じタイトルを言ってください。人数が多いアーティストの場合にはソロ活動・派生活動について事前勉強をしておくと、答えやすくなるかもしれません。
posted by Nori at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

選曲がすべて終わりました!

オーダー11に12名のみなさまのエントリーありがとうございます。

参加した皆さまが楽しめ盛り上がる大会になるよう、最後のルール調整を2週間行っていきます。ルールについては今までブログに書いてきたルールをベースとするものの、12人程度に合わせた大会になるよう微調整をかけていきますので、当日朝まで変更の可能性がありますが、よろしくお願いします。

さて、選曲・音量調整・サビ設定について出題予定の全408曲についてすべて終了しました。今後は出題ミス見つからない限りは差し替えは行わない予定ですが、出題の傾向について数回に分けて書いてみたいと思います。

まず今大会の正解率想定ですが、通常の例会なら80%くらいになる設定で問題を組みました。ただ今回は解答権制限・参加ラウンド制限があるので全体で60%程度、序盤は40~50%くらいになるのではないでしょうか。その分、マイアーティストの選択が重要になると思います。

また、普通にラントロの通常の知識で正解できそうな曲は40%くらいかと思います。残りの60%の問題は「変化球」をいかにさばくかの勝負になります。特に、最後の差し替えで通常の曲を、あえてカバー・インストバージョンに全体の5%くらい変えました。相当数怪しげなアレンジの問題がでます。変化球に食らいつけるよう、誤答ペナルティは軽くしますので果敢に挑んでいってください。

あと3%くらい出題する「静岡ローカル問題」については強烈にローカル色を出しました。全国から参加される強豪の方も、さすがにこれらの問題は手も足も出ないと思いますので、地元からの参加者の方、ぜひ当てていってください!
posted by Nori at 01:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

「チャレンジ制度」と「(解答権の)キャンセル」のルールについて

今回はの大会は想定した正解の以外の解答がありうる形式となっていますでの、その対応と救済措置として「チャレンジ制度」と「(解答権の)キャンセル」制度を設けます。

【チャレンジ制度】
・解答に対する正解/不正解の判定に対して「チャレンジ」を宣言することができます。
・チャレンジを宣言できるのは、対象問題の出題完了後~次の問題が出題されるまでの間とします。
・チャレンジ宣言ができるのは、ラウンド参加者のみとし、観客の方からのチャレンジはできません。
・チャレンジを宣言された方が判定の疑義の箇所を指摘ください。指摘があった場合には主催者がスマホ等で確認作業を行います。
・チャレンジの回数は各ラウンド1人1回までです。ただし、チャレンジが成功した場合にはチャレンジの権利は減少しません。

チャレンジが想定されるのは以下の場合を考えています。
・正解のものを不正解、不正解のもの正解と取り違えて判定してしまった
・カバー曲ととらえずに出題して曲が実はカバー曲だった(解答者が原曲を答えた)
・学校名、CM名などで複数回答がありえたが、正解にできる根拠がないので不正解/保留扱いとした。

例としては、「早稲田大学の校歌」が出題された場合に、「早稲田実業高校校歌」「早稲田佐賀 高等学校校歌」と解答したとします。(どちらも高校野球強豪校で出題対象です)

実際は「早稲田実業高校校歌」は別の曲があり不正解、「早稲田佐賀 高等学校校歌」は大学の校歌と同じ曲を使っており正解となるのですが、主催者が調査をしきれていない場合は、回答の保留または不適切な判定をする可能性があります。その場合に、チャレンジを宣言して確認作業を行いますので、判定に疑義がある場合にはチャレンジを宣言ください。

【キャンセル制度】
また解答が「正解ではあるが、出題者が求める解答と異なる場合」、または「正解か不正解かが判定できない答え方」をした場合には、「別の答え方でお願いします」とお伝えします。その際、解答者は別の答え方をするほかに、解答権をキャンセルすることを選択可能とします。

例:
ZARDの「揺れる想い」を「ポカリスエットのCM曲」と答えた場合
 → CM曲は商品名で解答可能ですので間違いではありませんが、J-POP曲で求めている解答ではないため正解判定まではできませんので、曲名で回答するようお願いすることになります。

「早稲田実業高校校歌」を「早稲田佐賀 高等学校校歌」と答えた場合
 → 出題者が答えを調べていなかった場合は判定できませんので、大学の校歌で回答するようお願いすることになります。(大会前に調べがついているものであれば正誤判定を行います)

チャレンジ、キャンセルルールは積極的に推理・ディクテーションでの正解を応援する制度として設けていますので、当日はぜひとも果敢な押しを期待しています。
posted by Nori at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする